自宅で副業が簡単に始められるクラウドソージング7選

こんにちは、小坂一史です。

 

いつもは自分で進んでいるのかよくわからない(笑)

ビジネスの話ばかりですが、

今回は自宅で簡単に始められる副業の話を

しようと思います。

 

インターネットでビジネスを始めようと思っても

結構ハードルが高く感じてしまったり

調べてみても

 

・ブログがいい!

・物販が稼げる!

・FXが簡単にできる!

 

と誰も彼も言っていることが違って迷子に

なってしまいますよね?

 

そこで副業的にまずは

今自分の持っているモノで勝負できるのが

 

クラウドソージングサービス

 

です。

 

「でも、それ難しいんじゃないの?」

 

と思うかもしれませんが、

色々な案件があるので自分でもできるものを

探して取り組んでいけば、経験値もたまるし

副業的にお金が入ってくるのでメリットの方が多いです。

 

 

 

クラウドソージングサービスって何?

 

クラウドソーシングは、

 

業務依頼者が不特定多数の人に業務発注したり、

受注者の募集を行うことやWEBサービスのことで、

サイト上で業務内容を提示し、受注希望者が

応募をすることなんです。

 

つまりざっくりいうと、

[voice icon=”https://inakadekigyo.site/wp-content/uploads/2018/09/lion-794962_640.jpg” name=”lion” type=”l”]自分じゃできないし、会社の人もできないから誰か助けてー![/voice]

[voice icon=”https://inakadekigyo.site/wp-content/uploads/2018/09/ara-3601194_1920.jpg” name=”ara” type=”r”]俺にやらせてください![/voice]

 

で手を挙げたこの人にやってもらう

 

って感じの話です笑

 

次からはすぐに始められるサービスの紹介をしていきます。

 

ココナラ

 

出典:ココナラ

 

「知識・スキル・経験」など、みんなの得意を気軽に

売り買いできるスキルのフリーマーケットを掲げ、

「あなたの得意」を簡単出品できるサービスです。

 

恋愛の相談、占い、キャッチコピー、ロゴ、イラスト作成と

何でも500円から売り買いできます。

 

匿名で出品できますので会社にバレたくない人向けです。

こんなサービスでいいの?というのが多いので

入り口としては良いと思います。

 

 

Lancers(ランサーズ)

 

出典:Lancers

 

クラウドソーシングの先駆けで

クラウドソーシング市場でも最大手のサイトです。

 

とりあえず発注、受注したい場合は

ここに登録しておきましょう。

 

「デザイン制作」「ライティング・ネーミング」

「システム開発・運用」「Web制作・Webデザイン」のカテゴリーが

多いので、これらが得意な人はココがオススメです。

 

 

CrowdWorks(クラウドワークス)

 

出典:CrowdWorks

 

ランサーズに並ぶ大手サイトで、

国内で唯一クラウドソーシングサービスだけで上場を果たした企業。

 

ユーザー数が200万人を突破し、案件もそれだけ多くあります。

 

地域、行政、大学との連携などのさまざまな

取り組みがメディアにも取り上げられているサイトです。

 

ランサーズもそうですがかなり専門的でニッチな

案件も多いので、一度登録してじっくり見てみるのも

良いと思います。

 

 

 

Craudia(クラウディア)

 

出典:Craudia

 

どちらかというと依頼者として使うのが良さそうなサイトです。

 

取引方式も「タスク」「コンペ」「プロジェクト」「時間制」と

あるので依頼に則した使い方ができると思います。

 

でも、僕の体感ですがここは報酬が他のサイトに比べ

高めな気がしますので、受注する方としても良いと思います。

 

 

Job-Hub(ジョブハブ)

 

出典:Job-Hub

 

大手人材紹介会社パソナテック社が運営しています。

 

案件はIT系に強い傾向にありますが、

発注の仕方や人材の選び方に悩んでいる時は

発注支援を依頼することもできます。

 

エンカフェのJob-Hubボイスというタグから

利用者の声を知ることもできますので

フリーランス側、発注側のどちらの意見も

掲載されているので、イメージが掴みやすくなっています。

 

 

Bizseek(ビズシーク)

 

出典:Bizseek

 

クラウドソーシングサービスの中では手数料がかなり安いです。

 

他のサイトでは会員登録料や月額使用料が無料で

報酬から手数料が引かれます。

 

他のサイトが5~20%くらいの手数料を取られますが

Bizseekはが5~10%なので、高額になった時には

かなり差が生まれます。

 

ただ、ここのサイトは案件が少なめで

かなり偏った仕事が多いです。

 

 

workshift(ワークシフト)

 

出典:workshift

 

アジアを中心とした世界200カ国以上から

登録がある外国人が多いサイトです。

 

いずれ海外向けに仕事をしたいと考えているのであれば

こちらに登録しておくのは将来的にもプラスに働くでしょう。

 

 

最後に

 

7つのクラウドソージングサービスを紹介しましたが

どれも副業にしたり、経験値を積むには良いサービスだと言えます。

 

全部にとりあえず登録してもいいですし

自分にあったサイトだけに登録してもいいと思います。

 

なんならこのサービスに頼って独立するのも

良い手だと思いますが、このサイトたちがなくなってしまえば

自分のビジネスは立ち行かなくなってしまうので

その事も頭の隅に置いておきましょう。

 

でも、まずは恐れず飛び込んで

楽しんでみるのが一番だと思います。

 

では今日はこの辺で

 

田舎でだって成功できます!

 

したらね〜

タイトルとURLをコピーしました