物販ってどんな種類があるの?




こんにちは、小坂一史です。

物販も副業や起業の代表格といってもいいぐらい有名ですが’、一言に物販といってもせどりだ転売だといろいろあります。

でも、どれにでも言えるのが「安く仕入れて高く売る」です。

薄利多売もできなくはないですが、あれは資金力あっての技なので、真似しない方が懸命です。

そんな、物販の種類を今回はまとめてみました。

 

せどり(国内転売)

元々は中古本を転売目的で買って販売することを指していましたが、今は本だけではなく家電屋おもちゃなども転売することをいうみたいですね。

以前は直接本屋にいって安いものを探して購入。販売。って感じでしたが、今はアマゾンで中古も売っているので、自宅にいながらできます。

販売する場所もメルカリ、フリル、ヤフオクなどたくさんあるし、ネットショップもすぐに作れるので売る場所も困らないです。

しかも、即金できるので初めてやるのには良いかもしれません。

ただ、ネット上だけで完結させると偽物や粗悪品をつかまされたり、売れると思って買ったものがいつの間にかいっぱいになって計算したら赤字・・・なんてこともありえますので、注意は必要です。

 

 

輸入転売

せどりの仕入れを海外でするだけで、あとはせどりと一緒です。
ただ海外から買い付けるので、為替の関係で思ったより利益が出るときもあります。

アマゾンや中国から仕入れて売るのが一般的です。
中国からの輸入だと薄利多売になるので一商品の商品数がかなり多くなります。

仕入れの数にも気をつけなければなりません。

なんて書いてあるかよくわからなかったおかげで、100個のつもりが10000個仕入れて部屋がえらいことに・・・ってこともありえます。

これも、アマゾンやメルカリのプラットフォームを使って販売できますし、ネットショップでも販売できますね。

 

 

無在庫転売

輸入転売を商品を先に注文するのではなく、お客さんに買ってもらって入金を確認してから商品を海外に注文するので自分からの支出はゼロです。

しかも、在庫が自分の手元にないのでかなり身軽です。

ただこれをプラットフォームでやるのであれば利用規約をしっかり読んでください。
最近は禁じているところが多いので、禁止しているのに無在庫販売すれば見つかり次第アカウントの停止が待っています。

 

 

インターネットオークション

ヤフオクが有名ですね。
自分の手元にあるものを期限内に一番高く価格をつけてくれた人に売るだけなので、使わなくなったものの処分と思って初めてみるといいかもしれません。

 

 

ドロップシッピング

簡単にいうと在庫なしでネットショップで販売できるシステムです。

アフィリエイトのショップ版と思ってもらえれば良いかと思います。

自分の売りたい商品を並べて、売れたらドロップシッピングの会社が送ってくれるので在庫は持たなくてもよくなります。
報酬も売り上げ仕入額を引いたものが振り込まれるのでかなり楽です。

無在庫転売に似てますね。

僕の地元だとありがたい話で、雪で通行止めになって陸の孤島になるのはよくあるし、夏でも商品来るまで札幌より2日は遅いでのほんと助かります。

ただ、良いことばかりでもなく
・広告を出さないと売れづらい
・人気商品はすぐ売り切れる
・配送料が高い

というデメリットもあります。

 

 

最後に

こんな感じで物販は分かれています。

物販はネットビジネスで早めにお金を手に入れることができるビジネスです。

最初は自分の住所や本名晒すのが怖い。とか思うかもしれませんが特に何もされないですし、何もありませんw

会社に隠れて始めるのであれば身バレを不安に思うかもしれませんが、同じ会社や知り合いが自分のところから買うなんてことはほぼありません。

なので、安心して物販を始めてください。

田舎でだって東京みたいに成功するのは可能です!

したらね〜