【Affinity Photo】簡単にできる画像を文字で切り抜く方法

こんにちは、浜谷亮平です。

Affinity Photoを使ってチラシやバナーブログのアイキャッチなどを作っていると

「もっとかっこいい感じにできないかな?」

と思うことが多かったんですが、結構簡単にかっこよく見せることができたのが文字の中に画像の風景を入れるものでした。

最初はどうやれば良いのかよくわからず試行錯誤を繰り返しましたが、わかってしまえば、かなり簡単な手順でした。

なので今回は、文字の形で画像を切り抜く簡単な方法をご紹介します。

切り抜きたい画像を開く

まずはAffinity Photoで文字の中に入れたい画像を開きます。

このキレイな画像はこちらの『UNSPLASH』からダウンロードできます(著作権フリー)。

カラフルな画像のの方が出来上がりが、かなり良いものになります。

画像を切り抜く手順

1.『アーティスティックテキストツール』を選択。

2.切り抜きたい文字を入力

「このへんを切り抜きたいな」って場所に


文字を入力して、フォントスタイルを選びます。


フォントスタイルは上のツールバーで選ぶことができます。


3.文字と風景のグループ化

文字入力が完了したら、背景のピクセルをドラッグしながらテキストのちょっと下に持ってくと8割くらいの部分が青くなります。

そこでドラッグを解くと画像のようにずれた位置でテキストの下に背景が入ります。


4.画像が文字の形に切り抜かれる

これで画像が文字の形で切り抜かれました。
今回はわかりやすいようには池を黒にしてあります。

切り抜いた後の色々な調整

画像が完成した後に文字の大きさや位置の移動をするための方法も紹介しておきます。

切り抜いた画像の位置を変えたい時

移動ツール(矢印の形のアイコン)を選択してドラッグ、

もしくはキーボードの上下左右キーを押せば動かせます。

切り抜いた文字の画像の大きさを変える

文字のレイヤーをクリックして、ドラッグするとサイズを変えることができます。

shiftキーを押しながらドラッグすれば、文字の縦と横の比率も変えることも出来ます。

切り抜かれた画像の位置を変える

画像のように、背景のピクセルをクリックします。

すると、画像の周りが青くなり、
その枠内をドラックすることで画像の位置を変えることができるようになります。

もちろん上下左右キーを使っても画像を動かせられますので微調整なんかも出来ます。

[aside type=”warning”] ピクセルの右側に鍵のマークが付いている場合この操作が出来ないので、鍵のマークを必ずクリックして消してください [/aside]

タイトルとURLをコピーしました